スカイマークの再生計画をめぐり、スポンサー同士の争いが熾烈さを増している。8月5日の債権者集会がヤマ場だが、認可されるには二つのハードルをクリアしなければならず、関係者は必死だ。(「週刊ダイヤモンド」編集部須賀彩子)7月21日、民事再生手続き中のスカイマークの債権者の手元に、ある文書が届いた。差出人は、スカイマークが東京地方裁判所に提出した再生計画案にスポンサーとして名を連ねるANAホールディング