【グアテマラ市=菅原啓】南米チリのピノチェト軍政下で民主化を求める青年が弾圧で火をつけられ死傷した通称「火あぶり事件」を調査していた首都サンティアゴの控訴裁は24日、7人の元軍人を殺人容疑などで裁く審理の開始を決定しました。チリからの報道によると、事件の被害者はロドリゴ・ロハスさん=当時(19)=と女子学生のカルメン・キンタナさん=同(18)=。2人は1986年7月、独裁政権への抗議行動に参加