日本共産党の山下芳生書記局長は19日のNHK日曜討論に出演し、与党が衆院で強行可決した戦争法案について、参院で徹底審議を尽くし、野党共闘を生かして廃案に追い詰めていく決意を語りました。山下氏は、「政府・与党は国民の空前のたたかいに追い込まれて強行採決せざるを得なかったのが真相だ。参院では国会論戦と国民の世論を高めて、安倍政権を追い込んで、必ず廃案を勝ち取りたい」と強調。「国民の過半数が憲法違反