情報処理推進機構(IPA)は7月17日、同機構の名前をかたった不審なメールが出回っているとして注意喚起を行った。IPAによると、15日に公開したMicrosoftとAdobeのセキュリティ対策情報の文面を流用した詐欺メールで、本来のメールには存在しないzipファイルが添付されていたという情報提供を外部から受けた。同機構が提供を受けたzipファイルを展開したところ、ショートカットファイル(.lnk)が現れ、ウイルス感染を目的に作成された