日本IBMが労働者に突然解雇を通告して会社から閉め出す「ロックアウト解雇」を強行した際、JMIU(全日本金属情報機器労働組合)との団体交渉を拒否し、解雇理由を具体的に答えていない問題について、中央労働委員会は10日、会社による不当労働行為だとする東京都労働委員会の認定を維持し、「今後、このような行為を繰り返さない」との誓約文を社内に掲示するよう命令しました。労働者に有無を言わせないロックアウト