カルロス・バッカ(セビージャ→ミラン)に続いてふたたび、ミランとローマがストライカーを巡って競合に入っている。今度のターゲットはルイス・アドリアーノ(シャフタール・ドネツク)。 ローマはすでにエディン・ゼコ(マンチェスター・シティ)の獲得で選手サイドと合意に達しているが、L・アドリアーノへの興味はそれとは独立したもの。すでにサバティーニSDがシャフタールに移籍の可能性を打診している。