中国メディアの環球網は27日、中国の株式市場で上海総合指数が26日に一時8.6%下落し、終値で7.4%安と急落したことについて、「7年ぶりの下げ幅」と伝えたうえで、外国のメディアが「ブラックフライデーになった」、「これまで見せていた上昇ぶりも驚くべきものだったが、下落する場合も驚くべき下げ幅となった」などと報じたことを紹介した。記事は、中国株式市場のバブルが崩壊に向かっているのではないかと注目