太平洋戦争末期の激しい地上戦の終結から70年の節目を迎えた沖縄で、米軍新基地建設を許さないたたかいが広がっています。名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では25日、354日目の抗議行動が取り組まれ、県内各地や全国から大勢の人が参加しました。うるま市の石原艶子さん(73)は、週に5日はゲート前に足を運んでいるといいます。「フェンスの奥では暴挙が続いていても、私たちは決してむなしさを感じま