日本共産党の小池晃政策委員長は14日のNHK日曜討論で、戦争法案と年金情報流出問題について与野党の政策責任者と議論しました。最初に、衆院憲法審査会(4日)で参考人の憲法学者3氏全員が戦争法案を「違憲」としたことについて問われました。自民党の高村正彦副総裁は「相当影響はある」と述べつつ、「憲法の番人は最高裁だ。必要な自衛の措置は何かということは国会と内閣に委ねられている」と述べました。民主党の