島根、鳥取両県を中心に発行する日刊紙、山陰中央新報が、8日付で「共産党『躍進』の背景と課題」と題した、ほぼ1ページ全部を使った大型企画を掲載しています。長年自民党を支持してきた農村部で、止まらない米価下落や環太平洋連携協定(TPP)の問題で共産党に支持が集まったことを紹介。集団的自衛権行使容認の閣議決定に不安を募らせた30代の女性看護師が共産党への入党を考えるまでに変化したエピソードもあげ、「