原子力損害賠償制度(原賠制度)の今後のあり方について検討を行う内閣府原子力委員会の原子力損害賠償制度専門部会(部会長・浜田純一前東京大学学長)の初会合が21日、開かれました。原子力事業者に無過失責任と、責任額の制限を設けていない「無限責任」を負わせているなどとして事業者の賠償を限定するよう制度見直しを求める財界などの要求を受け安倍政権は、昨年決めた「エネルギー基本計画」で見直しについて「総合的