日本共産党の清水忠史議員が19日、衆院本会議で行った刑事訴訟法改定案に対する質問は以下の通りです。今回の刑事司法改革の契機は、いわゆる村木事件をはじめ、次々と明らかになった冤罪(えんざい)事件の根絶でした。ところが本法案は、取り調べの可視化や証拠開示は極めて限定的なものにとどめる一方、捜査機関による盗聴の自由を拡大し、司法取引制度を盛り込んでいます。こうした捜査機関の権限拡大は、刑事司法改