大阪市では17日、橋下徹市長が「大阪都」構想と称してきた大阪市の廃止と五つの特別区への分割の是非を問う住民投票が実施されます。結果は、法的拘束力を持ちます。最大のポイントは大阪市をつぶしていいのかどうかです。それなのに、投票用紙には「大阪市における特別区の設置についての投票」としか書かれていません。あたかも大阪市が残るような記述は専門家が指摘するように「詐欺」としか言いようがありません。大阪