【5月25日(月)、ワークショップ開催】「視覚と比べたとき、音は、より深層心理に届く部分があります。つまり、視覚コミュニケーションでは伝えきれない感情を、音であれば補完できるかもしれないと考えています」。そう語るサウンドアーティスト・スズキユウリによる、ワークショップの開催が決定。自身も開発に関わっているDIYシンセサイザーボード「Ototo」を用いて、身の回りのものから聴いたことのない音を生み出してみよう