米国で一昨年、劣悪な職場環境の結果、毎日150人が命を落とした―米労働総同盟産別会議(AFL・CIO)はこのほど発表した労働災害に関する年次報告でこのように指摘し、職場の安全を監督する労働安全衛生局(OSHA)の強化などを求めました。それによると、2013年の就労中の死者は4585人で、職業病が原因で死亡した人は推定5万人。合わせて1日あたり150人が犠牲となっています。また同年に、就労中の