ドミニカ共和国で腹痛を訴えた12歳少女 約3.6キロの腫瘍が見つかり摘出

ざっくり言うと

  • ドミニカ共和国で、当時12歳だった少女が腹痛を訴えた
  • のちに腹部から約3.6キロの腫瘍が摘出され、手術で傷が残ったそう
  • 母親は生理痛かと思い、早く病院に連れて行かなかったことを後悔している

海外ニュースランキング

海外ニュースランキングをもっと見る
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • プライムデー情報
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド
  • YouTube