歌手aiko(48)が代表取締役の芸能プロダクション「buddy go」に約1億円の損害を与えたとして、会社法違反(特別背任)罪に問われた元取締役、千葉篤史被告(58)の公判。このほど証人出廷したaikoは「全てにおいて洗脳されていた。逆らえば音楽制作が止まってしまう恐怖があった」と訴え、ツアーで販売するグッズの仕入