少子化と高齢化により、日本で増えている空き家は、社会問題となっています。総務省は単身の高齢者などが亡くなった後の相続人の不在や、遠方に住んでいるため活用されない住宅が増えているのが原因であると見ています。さらに現在は空き家が増えるだけではなく、空き家周辺の不動産価格が下がってしまうという問題も新たに