高温多湿な夏は、カンピロバクターや黄色ブドウ球菌、サルモネラ、腸管出血性大腸菌といった細菌による食中毒が発生しやすいとして、厚生労働省が、Xの公式アカウントや公式サイトで注意を呼び掛けています。厚労省によると、食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することによって発生