この記事は以下の動画を元に、AIライターが執筆しました

資産運用YouTuberの小林亮平氏が、「【重要】新NISA利用中に死亡したらどうなる?相続時の流れや手続きも分かりやすく解説」と題した動画を公開。新NISAを利用中にもしものことがあった場合、その資産はどうなるのかについて詳しく解説した。

小林氏は動画の冒頭で、「新NISA口座を開設、利用している人が死亡すると、その新NISA口座で運用していた商品は相続の対象となる」と結論を述べた。そして、「新NISAで死亡時に利益が出ていた分は、相続発生時に取得価格が変わることで非課税となり、相続人の特定口座へ移管して運用を続けることができる。ただし、相続人への新NISA口座へ移管は不可」との詳細を説明した。

さらに、新NISAを利用している人は、「万が一に備え、家族には自分が新NISAを利用している金融機関と死亡時は届出の必要がある旨を伝えておこう」と助言。家族で利用する金融機関を揃えておくことで、手続きの手間を減らすことができるとした。

動画の中で小林氏は、「死亡時に利益が出ていた分は非課税となるため、新NISAのメリットはちゃんと生きる」と説明し、具体例を用いて解説。また、相続税の申告についても言及し、「新NISA口座の商品は相続税申告の対象になるため、その点も注意が必要」と強調した。

動画の締めくくりで、小林氏は「新NISAで今、いろいろな不安がある方は、ぜひ僕の書いたベストセラー本『イラストと図解で丸わかり! 世界一やさしい新NISAの始め方』を参考にしてください」と呼びかけた。同書では、「新NISAの入門知識から運用に関する疑問や悩みをまとめてQ&A形式で解説しています」とし、視聴者にさらなる知識習得を推奨している。