この記事は以下の動画を元に、AIライターが執筆しました

実業家の堀江貴文氏が、自身のYouTubeチャンネルを更新し、「Mrs. GREEN APPLEの『コロンブス』MVが大炎上している件について解説します」と題した動画を公開した。堀江氏は、現在急上昇中の人気グループMrs. GREEN APPLEの新曲「コロンブス」が、コカ・コーラ社のCMソングとして使用されていることに言及し、同楽曲が引き起こした炎上について詳述した。

堀江氏によれば、「コロンブス」のMVが問題視される理由は、アメリカ新大陸を発見したコロンブスとネイティブアメリカンの描き方が「類人猿扱い、つまりサル扱いしている」という点だった。「これはさすがにまずいだろう」と堀江氏は強調し、「日本のローカル企業ならまだしも、グローバル企業であるコカ・コーラ社がこの内容をコンプラチェックで通していたのは信じがたい。アメリカでやったら完全アウト、超差別」と批判した。

さらに堀江氏は、MVが各テレビ局の情報番組で称賛される一方で、おそらく異議を唱える人もいたと指摘。「CMの関係者が相当いい加減な奴だったんだな」と、広告業界の内部事情を暴露する形となった。また、過去に自身が出演予定だったソフトバンクのCMが広告代理店のチェックは通ったものの、フジテレビの検閲に通らずお蔵入りになった経験を引き合いに出し、広告業界の内部チェックの甘さについても触れた。

「Mrs. GREEN APPLEのメンバーは、そういった意図が全くなかったと思う」とフォローしつつも、堀江氏は「公人になったらそれぐらいは認識すべきだよ」とアーティストとしての責任を問う声もあると述べた。「こういったことを教訓にし、次に行けばいいんじゃないかな」と堀江氏は語り、MVの公開中止に伴う大人たちのサポートの重要性を提起した。

動画の最後には「新しい楽曲がお蔵入りになるのは残念だが、今後はこのような事態を防ぐために周りの大人たちがしっかりとフォローすべきだ」と締めくくりました。