アーロン・ジャッジが26号ソロ 大谷翔平超えの角度45度弾を米記者が紹介

この要約はライブドア社が開発したAIにより自動生成されたものです。実験的な機能のため、記事本文と併せてご確認ください。

ざっくり言うと

  • ヤンキースのアーロン・ジャッジが現地時間16日、レッドソックス戦に臨んだ
  • 滞空時間約7秒のムーンショットで、その角度は45度
  • これまで1位だったのは、2018年に大谷翔平が記録した角度39度の一発だ

スポーツニュースランキング

スポーツニュースランキングをもっと見る
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド
  • YouTube