ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(71)の娘たちが話題となっている。長女のマリヤ・ボロンツォワ氏(39)と次女のカテリーナ・チホノワ氏(37)がサンクトペテルブルクで開催された国際経済フォーラムに揃って出席し、発言したというのだ。はたして、彼女たちが公の場に出ることにどんな意味があるのだろうか。*