西武は5月26日、松井稼頭央監督(48)が休養し、交流戦から渡辺久信GM(58)が監督代行を兼任すると発表した。「電撃解任」と呼んでもいい判断だっただろう。「15勝30敗、まだ5月の段階なのに早すぎるといった批判の声もありますが……いやいやむしろ遅すぎた印象ですね」(球団関係者)それはどういうことなのだろうか。