どうにも点が入らない──。【続きを読む】巨人阿部監督を悩ます原前監督の尻拭い…FA組と主力の過渡期でよぎる高橋由伸政権時の再来29日のソフトバンクとの交流戦第2戦も打線が沈黙した。七回まで2安打無得点に抑えられていた相手先発左腕の大関が降板した八回、代わったヘルナンデスのミスもあって無死二、三塁の好機