「カブス1−0パイレーツ」(18日、シカゴ)カブスの今永昇太投手が先発し、7回4安打無失点の好投を見せた。打線の援護無く白星を手にすることはできなかったが、防御率は0・84まで下降。これはMLB史上、新人投手のデビューから9試合で最高の記録となったと公式サイトが伝えた。立ち上がり、いきなり先頭