新型コロナウイルス感染からの後遺症として知られるブレインフォグ(脳に霧がかかったようにもやもやすること)が、記憶に深刻な影響を及ぼしている可能性が示された。2022年夏に14万人以上を対象に行われた研究で、同ウイルスによる認知能力と記憶能力への影響は、初感染から1年以上経過しても続くことがあることが判明