退屈であることは人間にとって良いことだという仮説が示された。カナダのウォータールー大学で教授を務める神経科学者のジェームズ・ダンカート氏は、つまらないという感情は、行動を起こすためのポジティブな要求と判断。スマホをスクロールする代わりに新たなスキルの習得に導かれ