ロックバンド、ザ・フーのギタリストのピート・タウンゼント(78)は、ヘロイン摂取で「危険」で「過激」なことができるようになったと信じているという。ピートは、1970年に幻に終わったアルバム『ライフハウス』の制作中に起きた、マネージャー、キット・ランバートとの関係