モナコGP決勝で15位自動車レースのF1第7戦モナコGPは28日に決勝が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝した。予選9番手と上位進出を狙える位置だったアルファタウリの角田裕毅は雨が降るまで快走していたが、ブレーキの不調もあって15位に。オーバーランしてしまった瞬間をスポーツ・チャンネル「DAZN」