PK戦にもつれ込む死闘となったアルゼンチン対オランダのワールドカップ準々決勝。アルゼンチンMFレアンドロ・パレデスがオランダベンチにボールを打ち込むなど一触即発の不穏なムードが漂うシーンもあった。PK戦はアルゼンチンが制したが、その瞬間にDFニコ・オタメンディが見せたポーズが物議を醸している。📸