インドの実業家マヒンドラ氏が森保監督の最敬礼姿に注目カタール・ワールドカップ(W杯)をベスト16で終えた日本代表の森保一監督は、PK戦の末に敗れた決勝トーナメント1回戦のクロアチア代表戦後、スタンドに「最敬礼」をした姿が話題となった。そのシーンは海外でも注目され、世界的実業家が“2つの言葉”で称えている