歌手の愛内里菜さんと専属契約を結んでいた芸能事務所が、「契約中だけでなく契約終了後も、事務所の承諾なしに芸名を使用してはならない」との契約条項に基づき、芸名の使用差し止めを求めた訴訟の判決が12月8日、東京地裁であり、飛澤知行裁判長は事務所の請求を棄却した。判決は、契約条項のうち、契約終了後も無期限で