5日に行われたFIFAワールドカップ・カタール2022のラウンド16。日本代表はクロアチアと対戦して1-1となり、PK戦の末に敗れた。試合後、フラッシュインタビューに応えた遠藤航は以下のように話し、この大会を振り返っていた。遠藤航「そんなに入りは悪くなかったと思います。後半もブロックを引いたところから失点を防いで、