ボリビア第2の湖が「ほぼ消失」今もなお「水の民」を自称する人々の嘆き

ざっくり言うと

  • 南米ボリビアでかつて2番目に大きな湖だったポオポ湖がほぼ「消失」した
  • 気候変動や農業、鉱業による水利用など様々な要因が絡み合っているとされる
  • 今なお「水の民」を自称している先住民からは「寄る辺を失った」との声も

「海外ニュース」をもっと詳しく 「海外ニュース」ページへ

  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド