水道事業は民間企業に任せてもいいのか。各国の水道事情に詳しい実業家の加藤崇さんは「イギリスは1989年に水道局を完全民営化している。その結果、水道料金は上がり続ける一方、水道サービスの質は大幅に低下した」という――。※本稿は、加藤崇『水道を救え』(新潮新書)の一部を再編集したものです。写真=iStock.com/