36歳で希少がん発症…治療と就業両立も「退職宣告」された会社員の現在

ざっくり言うと

  • 36歳のときに希少がんを発症し、治療などでお金がどんどん消えたという男性
  • 復職後は後遺症の激しい痛みに耐えながら勤務したが、退職を宣告されたそう
  • 経済的に不安の中フリーランスとして働き、現在はがん患者の支援をしている

「がん治療」をもっと詳しく 「がん治療」ページへ

  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド