カミラ王妃が、王室の伝統である“女官”の役職を廃止することが明らかになった。王妃は王室の近代化とスリム化を目指すことから、代わりに6人の女性アシスタントを任命した。新たな役職に就くアシスタント達は、今後主に王妃の公式行事での手伝いをすることになる。以前と同じく給与は支払われず、経費のみが支給されると