迷惑行為をした人物等に対し、フォロワーや過去の投稿内容、画像の映り込み等をたどり、その人物の本名や住所、勤務先や学校などの個人情報を特定する「特定班」とよばれる人々がいます。実際に特定された側にとっては、個人情報がデジタルタトゥーとして残ってしまう可能性もあり、とても許しがたい行為といえるでしょう。