9月28日、日本経済新聞が報じた「国民年金『5万円台』維持へ厚労省、厚生年金で穴埋め」という記事が注目を集めている。年金制度の信頼を守るため、もともと少ない国民年金の減額を抑え、そのぶんを会社員が払う厚生年金の保険料や国庫で埋め合わせる。その検討を厚生労働省が始めた――という内容だ。それに対し、