高級菓子に対する下等菓子の意味を持ち、江戸時代には一つあたりの単価がおよそ一文であったことから「一文菓子」とも呼ばれていた「駄菓子」。子どもの頃は近所の駄菓子屋で好きな駄菓子を買うのが何よりの楽しみだったという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一番好きな駄菓子はどれなのかについてアンケート