1000円を貸した女性、催促したら困惑顔の友人に不信感「私が悪いみたい」

ざっくり言うと

  • 友人に1000円を貸し、数カ月後に再会して催促したという女性
  • 友人は、口では「忘れてた!」というものの、困惑顔だったという
  • 「催促した私が悪いみたいな」と振り返り、不信感を持ったと明かした

「人間関係」をもっと詳しく 「人間関係」ページへ

  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド