元ボクシング王者・西島洋介、格闘技戦後に救急搬送 急性硬膜下血腫と診断

ざっくり言うと

  • 元東洋太平洋クルーザー級王者の西島洋介が急性硬膜下血腫と診断された
  • 24日の試合で強烈な左フックを浴び倒れ、TKO負けした後に救急搬送された
  • 関係者によると開頭手術はしておらず、容体は落ち着いている

「格闘技」をもっと詳しく 「格闘技」ページへ

  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド