大谷は今季、打者として最大値の94.5%、投手としては80%の出場だという投打二刀流で活躍するエンゼルス大谷翔平投手。低迷するチームにあって獅子奮迅の働きを見せているが、米メディアが大胆な仮説を立てた。登板の際にDHを守ったり、チームが5人ローテを採用して登板回数を増やしたりすることは可能なのか。その場合