何度お願いしても頑なに自分を変えようとしない人がいる。自分が正しいと思い込んでいる人にはどう接すればいいのか。哲学者の小川仁志さんは「それには二つの方法があり、あきらめるか自分を変えるかのどちらかです」という――。※本稿は、小川 仁志『不条理を乗り越える 希望の哲学』(平凡社新書)の一部を再編集したも