太平洋戦争の開戦前から終戦まで、日本海軍の飛行訓練機であった複葉機の九三式中間練習機、通称「赤とんぼ」。この橙(だいだい)色の練習機の原寸模型の展示が、熊本県の山中にある“ひみつ基地”で始まっています。「赤とんぼ」と呼ばれた練習機の誕生熊本県南部に位置する球磨郡錦町。山に囲まれた田園地帯を進むと、