中国紙・環球時報は4日、韓国のサムスン電子が回路線幅が3ナノメートルの半導体の量産を世界で初めて開始したと発表したことに、台湾メディアも注目していると報じた。サムスン電子は6月30日、3ナノ半導体の量産を始めたことを発表。これまでの5ナノ半導体に比べて消費電力を45%削減でき、製品性能を23%向上させることが