長時間働く人は、アルコールの摂取量が多くなることが判明した。1週間に49時間かそれ以上長く働いている人は、1パイント(570ml)もしくはグラスワイン1杯ほど多くお酒を飲む傾向にあるという。 世界保健機関(WHO)の調査によると、平均的とされる週40時間を超えて働くとアルコールの量が増え始めるそう