「ボール」の声に四球を確信も、約3秒後にスイング判定■ブレーブス 4ー1 レッズ(日本時間3日・シンシナティ)一瞬の“間”が生んだ奇妙なプレーが物議を呼んでいる。打者は四球を確信して一塁に向かうも、捕手のアピールで塁審はスイングを宣告。判定までの約3秒の間に飛び出した走者が戻り切れずにアウトになる事態に