体重374グラムで誕生し「生存率5%」と告げられた男性、30歳になる

ざっくり言うと

  • 1992年7月、オーストラリアで体重374グラムの男児が誕生した
  • 当時、国内で最小の赤ちゃんで、医師から「生存率は5%」と告げられたそう
  • 男児のその後の成長過程は順調で、今月3日には30歳の誕生日を迎えた

「オーストラリアの話題」をもっと詳しく

  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • 女子
  • トレンド